38歳 30代前半まではクレンジングオイルの私が辞めた理由

クレンジングオイルは、メイクをし始めた18歳の頃から30代前半までほぼ毎日のように使用してきました。

 

当時はかなりひどい脂性肌で、クレンジングオイルを使用しないとお肌の状態がよくならないと思っていました。

 

しかしながら30代半ばになってからは急に乾燥肌になってしまい、今までずっと愛用してきたクレンジングオイルを使用すると余計に乾燥肌が目立つようになってしまったので、クレンジングオイルの使用を中止しました。

 

現在は最も乾燥肌に適していると言われるミルククレンジングを使用してメイクを落としています。

 

しかしながら、ミルククレンジングでは汚れを落とす効果が低いらしいようで、特に目の周りのメイクは落ちきれずに残っていることが多々あります。

 

なのでメイクがよく落ちるクレンジングオイルの中で乾燥肌でも問題なく使用できるものがあれば、今すぐにでもそちらに乗り換えてきちんとメイクが落ちるようにしたいと思っています。

ニキビと毛穴の黒ずみでダブルパンチ!BBクリームが良かった

毛穴の黒ずみについては、10代前半でニキビが目立つようになったとほぼ同時期から悩んでいます。

 

かつて脂性肌だった私は、メイクをしていなくてもお肌が汚れやすい体質のようだったので、特に鼻の辺りはどれだけ洗顔を丁寧にしても毛穴の黒ずみを消すことはできませんでした。

 

そして18歳でメイクをするようになってからは毛穴にメイクが入り込むようになってしまい、それが余計に毛穴の黒ずみを悪化させるようでメイクをするのが嫌になってしまうこともありました。

 

毛穴の黒ずみに関しては、皮脂テカ防止の化粧下地を使用すると特に毛穴をふさいでしまうために悪化していたこともありました。

 

なので現在は皮脂テカ防止機能のある化粧下地の使用は中止し、比較的お肌に優しいBBクリームを代わりに使用して毛穴に落ちにくい汚れが入るのを少しでも予防することにしています。

 

BBクリームはカバー力が弱くて物足りなさを感じることもありますが、毛穴の黒ずみを予防するためには仕方のないことだと思っています。

かつて愛用したマイルドクレンジングオイルの本音口コミ

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは、かつては愛用していたクレンジングでした。

 

私はずっと敏感肌に悩まされていますが、ファンケルは使用できる化粧品が揃っている数少ないメーカーの1つでした。

 

このマイルドクレンジングオイルは同じく敏感肌に悩む実母から紹介されたものですが、当時は使用感がとてもよかったので20代半ばまで継続して使用していました。

 

しかし結婚を機に正規職員として働いていた職場を辞めてパートタイム勤務に変更し、クレンジングオイルに高額な費用をかけることができないと思ったために、ファンケルのマイルドクレンジングオイルの使用はそこでやめ、より安い値段のクレンジングオイルを使用するようになりました。

 

そして30代半ばで愛用していたクレンジングオイルがお肌に合わないと感じたときに再び使用したことがありましたが、やはりクレンジングオイルということもあって使用後は乾燥をひどく感じてしまい、使用することは不可能だと思って1本使い切らないうちに使用を中止しました。

 

ファンケルのマイルドクレンジングオイルは少し値段も高く、今の私のお肌にとっては合わないものではありますが、敏感肌の人にはメイクの汚れや毛穴の黒ずみを刺激を感じることなく解消できるものだと思っています。

 

>>マイルドクレンジングオイルの本音口コミを見る